お金

定点観測×2020年6月×不労所得

2020年6月の不労所得結果をまとめます。

グラフを以下に示します。

 

はい、1本だけ飛び抜ける結果となりました。

要因は、

・ネオモバで高配当株を数株ずつ購入したこと

・米国ETFを買い増したこと

です。

配当の内訳は以下になります。

○ネオモバ

・日本エスエイチエル:202円

・兼松エレクトロニクス:280円

・丸紅:280円

・インターワークス:646円

・旭化成:179円

・三菱UFJリース:271円

・沖縄セルラー:185円

・NTTドコモ:287円

・オリックス:197円

・KDDI:192円

・住友商事:196円

・三菱商事:271円

・三井物産:271円

・伊藤忠商事:136円

・東京センチュリー:221円

・第一生命ホールディングス:347円

・芙蓉総合リース:252円

・日本電信電話:228円

・アマダ:250円

・日本ケアサプライ:257円

・センチュリー21ジャパン:240円

・クニミネ工業:312円

・三井住友ファイナンシャルグループ:319円

・蔵王産業:199円

・三菱ファイナンシャルグループ:319円

○SBI証券

日本株

・早稲田アカデミー:3000円

・日本ライフライン:2900円

・東北新社:1600円

米国ETF

・HDV:9393円

・SPYD:11392円

合計:34775円

他の月に比べてぶっちぎりの配当金となりました。

心躍りました。

ネオモバで数株単位で高配当株を購入していましたが、

それらの配当金が6月になりどんどん入金されました。

毎日帰宅すると、配当金のお知らせ郵便物が入ってまして驚きでした。

今はまだ数百円単位の配当金ですが

コツコツ積み上げていきたいと思います。

当面の目標は、各銘柄単位で配当金1000円超えることです。

100株持つことで、配当金以外に、優待もついてくる銘柄もあるので、

10年後にはかなり楽しみが増えていると想像すると、ワクワクします。

購入タイミングが難しいですが、バランスを崩さないように気を付けたいと思います。

 

ネオモバ以外で保有している個別株からも配当金がありました。

こちらは投資1年目の時に購入したものです。

早稲田アカデミーからはQUOカード1000円分もあり、

こちらもありがたいプレゼントでした。

いずれも含み損なのですが、ホールド予定です。

 

ETF。

コロナショックから、いつにも増して買い増ししていました。

それぞれ約1万円入るようになりました。

今年の目標、配当金年間10万円は達成できそうな気がしてきました。

 

今月から、資産運用を始めてからの配当金累積もグラフ化してみました。

このグラフは増加する一方で、減少することはありません。

穂高氏に見習って、毎月、グラフ化してモチベーション維持につなげていきたいと思います。

それにしても

月3万円を超える不労所得のインパクトは大きいです。

先日、地元に帰省しましたがその交通費と同じくらいです。

なんとも素晴らしい額です。

毎月3万円の不労所得になると、年間36万円となり、利回り4%とすると900万円の運用が必要になります。

私にはもうしばらく先の目標になりますが、粛々とマネーマシンを強化していきたいと思います。

 

以上