健康

胃カメラ×初体験

ここ1ヶ月くらい吐き気、胸焼けが続いていまして、消化器科にかかりました。

主に、食後や就寝中に症状が発症し、時にはのたうちまわるような苦しみがあることもあり、これは異常だと思った次第です。

お医者さんに症状を説明すると、食道炎の可能性があるとのことで、一度、胃カメラによる検査を勧められ、診察から1週間後に検査してもらうことと相成りました。

検査前日

食事は夜8時までに済ませ、以降は水以外は口にしてはいけません。

私は無性に炒飯が食べたくなり、もし何か重篤な病気が発見され、食事制限が出たらと思ったため、ラーメン屋で普段は注文しない炒飯セットを注文し、思う存分かきこみました。

後悔は何もありません。

検査当日

当日朝は、何も食べることはできません、

水はOKです。

病院は自宅から少し離れており、約8kmあるところにしたため、車で向かう予定でした。

しかし、私の愛車がよりにもよって「エンジンチェック、VSCチェック」なる警告を出すようになり、走行に関しては不安要素満載です。

一応、走るには走るのですが、何かあると非常に面倒なため、タクシーを選択しました。

病院に到着すると、まず、胃を拡張させる液体を2種類飲まされました。

看護師さんの仰るとおり、不味かったです。

それから15分ほど待ったのちに、まず、喉の麻酔をされました。

喉ヌールスプレー的なもので2回喉に噴射されました。

その後、検査室に行き、ベッドに横たわります。

マウスピースを咥えます。

左腕の血管に麻酔をされます。

少し眠くなりますよと言われ、深呼吸しながら目を閉じました。

目を開けたときには別室のベッドの上でした。

はい、2時間ほど爆睡しているうちに終わっていたようです。

起床した私に気づいた看護師さんに、次はピロリ菌検査をするとのことで、私の吐き出す息を採取されました。その後に錠剤を飲まされ、数分後、再度、息を採取されました。

最後に医師から診断結果の報告です。

第一声が

「よく寝たねー!」でした。。

少し眠くなる程度の麻酔で、爆睡してしまい、気づいたら、診療時間が過ぎていました。

すみません笑

検査結果は、胃の中は綺麗で、ピロリ菌もありませんでした。

今後、胃がんや潰瘍にはなりにくいと言われました。よかったです。

ただ、食道炎にはなっていたので、飲み薬を十日分いただきました。

とりあえず、お薬を続けて、治療していきたいと思います。

昨年、1人でできるピロリ菌検査キットを使用して陰性だったので、これで陽性だったらキットの信憑性を疑うことになるなと思っていたのですが、そんなことはありませんでした。

胃がんの原因の大半はピロリ菌で、幼少期に感染し、数十年かけて姿を表してくるようなので、今度、両親にも進めてみたいと思いました。

寝てるだけで検査できます!

痛みや苦しみはありません。

料金は3割負担で9870円でした。

お薬は1040円です。

一度、ピロリ菌検査をするのはおすすめです。

もし見つかってもピロリ菌除去すれば、将来の胃がんの不安は解消されます。

最近ずっと雨が続いてますね。

以上

ピロリ菌検査×結果×検査キット 以前紹介しました通り、ピロリ菌検査キットをネットにて購入しまして、検査結果が届きました。 前回ブログ https://h...