レビュー

【自己啓発】人間関係に役立つおすすめ本「人を動かす」

人を動かす

ビジネス書の王道「人を動かす」。

人が生きていく上で身につけておくべき「人間関係の原則」を実例豊かに説き起こした不朽の名著。

こんな人におすすめ

人間関係で悩んでいる

たとえば職場の上司とうまくいかない

たとえば顧客とうまくいかない

など

本の概要

出版日 1937年10月30日 初版発行
文庫版は2016年1月20日 初版発行
ページ数_文庫版 全320ページ
読了に必要な時間 17~18時間
こども君
こども君
どんな内容?

人付き合いにおける重要事項を具体例を踏まえて説明されている

人を動かす原則について力説されている

すぐに実践できる内容がピックアップされている

こども君
こども君
どんな人が書いてるの?

著者はデール・カーネギーさんです。

1888年、米国ミズーリ州の農家に生まれる

大学卒業後、雑誌記者、俳優、セールスパーソンなど雑多な職業を経て、

弁論術や成人教育の講師となり、人間関係の先覚者として名をなす。

本書の目次は以下になります。

目次

・PART1 人を動かす三原則

・PART2 人に好かれる六原則

・PART3 人を説得する十二原則

・PART4 人を変える九原則

印象に残った部分ピックアップ

重要感を持たせる

人を動かすには、自ら動きたくなる気持ちを起こさせるしかない
とのことです。
そのために相手の欲しがるものを与えることが大事であり、相手のなかなか満たされない欲を知る必要があります。
人の欲には8種類あります。

1.健康と長寿
2.食物
3.睡眠
4.金銭および金銭によって買えるもの
5.来世の命
6.性欲の満足
7.子孫の繁栄
8.自己の重要感

この中で自力で手に入れにくいのが自己の重要感です。
それは、偉くなりたいという願望であったり、重要人物たらんとする欲求です。
相手に率直で誠実な評価を与えるように心がけることが肝要です。

個人的感想とまとめ

個人的感想は、私の読書筋肉が弱いからかもしれませんが、読みやすくはありませんでした笑
というのも、原則自体はシンプルなものなのですが、そのシンプル原則にまつわるエピソードを10個くらい間髪入れず詰め込まれています。
私は話の内容を理解するのに苦労してしまいました。。

ともかく著書のタイトル「人を動かす」ために、重要感を持たせることが大事ということがわかりました。
人によって重要なことは千差万別です。
人は何に渇いているのか。
相手のニーズを汲み取り、与えることが、人を動かすときに大切ということと理解しました。
3原則ありましたが、私にはこれが一番刺さりました。

あらためて内容を簡潔にまとめると、

内容まとめ

人を動かすためには、相手に重要感を持たせることが大事

数々のエピソードを踏まえて原則の重要性を解説

ボリュームあり、読むごたえあり

です。

ぜひ!じっくり読んでみてください!

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

【一生に一度は読むべきおすすめ本】DIE WITH ZERO【書籍紹介】一生に一度は読むべきおすすめ本の紹介です。マネーリテラシー向上に努め、副業や投資に注力される方が増えている昨今。本書を読むことで、2度と戻ってこない今の時間の使い方について考えてみてほしいと思います。...
【書籍紹介】億を稼ぐ積み上げ力【おすすめビジネス本】【2021】マナブさんの著書「億を稼ぐ積み上げ力」について紹介します。 おすすめのビジネス本になります。2021年現在の紹介となります。まだ読んでいない方はぜひ読んでみてください。...