健康

寝不足気味の私が睡眠改善のためにやった6つのこと

寝不足気味の私が睡眠改善のためにやった6つのこと

 

 

寝不足なのはわかってても、なんだかんだ家族のためお金のためと仕事優先していませんか?

睡眠大事ですよ。

睡眠時間返上で仕事

仕事が忙しいと、睡眠そっちのけで夜遅くまで働いてしまいますよね。

自分が受け持つ仕事に対する責任感であったり、職場の仲間や上司も大変そうに働いていると、睡眠度外視になりがちです。

どんなに大変でも、家族の顔を見たり、月に一度の給料明細を確認したりすることで、睡眠を削ってでも働いてきた苦労が、一瞬解消された気分になります。

でも一瞬です。

睡眠をないがしろにしてきた負債は、確実に未来の自分にツケが回ってきます。

私も新入社員から睡眠を疎かにしながら働き続けて、気付けば30代のステージに突入していました。

睡眠時間を削ることの問題

この働き方、生き方の問題は、睡眠を削ることで犠牲にしているものを考えられなくなっていることだと思います。

私の実体験を踏まえて、睡眠不足や質の悪い睡眠をした時の事象、デメリットについて以下にまとめます。

・日中の生産性が下がり、100%のパフォーマンスができない

・眠気から表情もだるそうになり、目もしっかり開いていない

・前日までの疲れが取れていない、体が痛いことも

・枕に脱毛の痕跡あり

あまりいいことはありませんね。

睡眠時間の削減が寿命短縮につながるという話も聞いたことがあります。

睡眠負債という言葉も最近よく聞きます。

健康な体があってこそ、仕事もプライベートも充実できると思いますので

睡眠不足、質の悪い睡眠を実感している方は、

昨日よりもほんの少し改善してみませんか?

睡眠改善のためにやったこと6つ

私が実践したことは6つです。

睡眠改善のためにやったこと

・睡眠グッズ新調(コアラマットレス)

・カフェイン摂取は午前中までに

・就寝2時間前に入浴

・就寝2時間前には飲食を済ませる

・就寝2時間前はスマホ、PCは触らず、読書時間とする

・転職(長時間労働の環境から解放)

環境を変えて(マットレス新調、転職)、生活スタイルを見直しました。

一番簡単でオススメなのは、就寝前にスマホ・PCを見ないことです。

スマホ・PCから放たれるブルーライトにより、

眠気がなくなってしまいます。

また、見ている内容が面白かったりするだけでも眠気が覚めてしまいます。

眠れないという悩みがある時は、思いきって実践してみてほしいです。

実践後の効果

私の実績ベースで以下にまとめます。

効果

・日中の生産性が上がり、最高のパフォーマンスができる

・目がぱっちり開き、表情もカチッとする

・全回復、体の痛みなし

・枕に脱毛の痕跡なし

具体的には、まず、朝活がはかどっています。

ウォーキング、ブログ、筋トレを継続できており、非常に有意義な時間を過ごすことに成功しています。

また、枕に残っていた脱毛がなくなりました。

予想になりますが、睡眠不足解消、ストレス軽減が功を奏したのかなと思います。

また、

眠りにつくまで5~10分くらいになった

目覚ましなしで5時くらいに目が覚める

という体の変化もありました。

なんだか健康体になっている感じがして気分がいいです。

↓なんとなく睡眠スコアも良くなってるように見えます。(悪い時のと比較!)

結論

結論としては、睡眠大事ということです。

質の良い睡眠時間をしっかり確保することで、体調が良くなり、

日々のパフォーマンスが向上され、充実感や満足感の増加につながります。

睡眠負債を貯めて、未来の自分に苦労させないように、

今も将来も豊かな人生を送ることができよう

毎日の睡眠を大事にしていきましょう。

 

 

コアラマットレス買ってみての感想です。

【人生の1/3は睡眠】コアラマットレス買ってみた-レビュー-以前から気になって仕方がなかったコアラマットレスを遂に購入しました。使用感は、、、、最高です。安眠。快眠。熟睡。爆睡。人生の1/3は睡眠です。睡眠に投資してみませんか。のレビューです。...

睡眠に関する本も紹介しています。

【睡眠大事】眠る投資【書籍紹介】| はしっこBLOG睡眠にファーカスした本を読んでみてのレビュー、紹介記事を作成しました。この書籍を読めば睡眠に対する考えが変わるかも?...