リラックス

【静寂】図書館のすすめ【落ち着く場所】 | はしっこBLOG

【静寂】図書館のすすめ【落ち着く場所】

 

図書館。行ってきました。大学ぶりに図書館というところに。就職して住みだした土地ですが、7年目で初めて市立図書館を利用してみました。とてもいいですね。

思いつくメリットを挙げてみます。

お金がかからない

これですね。お金がかかりません。今回は、お勉強をしに行ったので、本は全然漁っていないのですが、ありとあらゆる分野の本が取り揃えられております。これらが無料で閲覧することができ、貸出も可能。とてもコスパがいいと思いました。駐車場は30min100円でした。自転車で行くのもありですね。長居すると、近くのパーキングに停める方が安いのですね。

本屋で本を購入して、読んで、インプットした気でいるだけなのではないかと自分の行為に最近、懐疑心を抱くようになっていました。意識高くなったつもりで、現状は何も変わっていないのではないかと。なので、図書館にある本を無料で閲覧しても、何を学んで何を感じたか、読了後に自分はどう行動するのか、等を記録に残したり、、とりあえずアウトプットを積み上げていくことの方が有意義なのではないかと今更思うようになりました。そうしてみようと思います。

自習室

前述の通り、勉強のために利用しましたが、自習室の空気感がとても勉強意欲を駆り立てます。そこには老若男女、それぞれの夢を叶えるべく、様々な分野の専門知識を深めようと切磋琢磨しています。周りが頑張っている空気感で、自分も頑張らねばと思うようになります。学生時代の懐かしい感覚を覚えました。今までは自宅で黙々と勉強するスタイルでしたが、社会人になってからは、学ぶことも自分との闘いだなと思います。サボったり、だらだらしたり、誘惑に負けたり、全部自己責任です。注意してくれる先生もいません。自習室の環境は身が引き締まりました。常に学び、知識を吸収することが人生を豊かにしていくと信じています。みなさん何の勉強しているのかな。学校のテスト?資格の勉強?よく何時間も机に向かっていられますねみなさん。私の集中力は、30分が限界です。自習室から何度も脱出しました。自分を刺激してくれる環境ありがとうございます。

静寂な空間

読書スペースも自習室もどこも静かです。がやがやした空間が苦手な私には、とても落ち着く場所で、自分の居場所を一つ見つけた気がしてうれしくなりました。都会の街中や、大衆居酒屋等が苦手なのです。自分の最大のコンプレックスが声なので、そういった場では、私の声は何も届きません。一人で行くので、声を出すこともないのですが、心穏やかに過ごすことができる場所は、とても貴重です。静寂な空間で、人間社会の中で共存して生きていることを再確認できました。

その他

私が行く図書館には本以外にも映像コーナーもありました。どんな作品があるのか、今度見てみようと思いました。

また、本の予約システムや貸し出しランキング等もあるんですね。市民の人がどんな本に興味があるのかわかりますね。私は自己啓発本ばかり読んでしまうので、普段手を出さないような本にも興味を持つきっかけとなるなと思いました。

最後に

図書館いいですね。

独身だからこそ倹約に努めなければと心に決めた今日この頃。

 

来週も行こっと。

 

それでは!