レビュー

【書籍紹介】雑談の一流、二流、三流【おすすめ】

雑談の一流、二流、三流

雑談力について、一流、二流、三流の違いを学び、

良い人間関係の構築に役立てていきましょう

こんな人におすすめ

初対面の人と何を話せばいいかわからない

沈黙が怖い

雑談力を上げたい

本の概要

出版日 2020年3月16日 初版発行
ページ数 全216ページ
読了に必要な時間 3~4時間
こども君
こども君
どんな内容?

雑談力がある人とない人の違いについて説明されている

雑談力を身につけることでプライベートも仕事も充実する

気まずい空気を払拭できる

こども君
こども君
どんな人が書いてるの?

著者は「桐生稔」さんです。

桐生稔

株式会社モチベーション&コミュニケーション代表取締役

日本能力開発推進協会メンタル心理カウンセラー

日本能力開発推進協会上級心理カウンセラー

一般社団法人日本声診断協会音声心理士

1978年生まれ

新潟県十日町市出身

2002年、全国1200支店運営する大手人材派遣会社に入社

極度な人見知りが原因で入社3ヶ月で左遷される

そこから一念発起し、売上達成率No.1を実現する

その後音楽スクールに転職、事業部長として350名の講師をマネジメントする

2017年、社会人のリアルコミュニケーション力を向上すべく、株式会社モチベーション&コミュニケーションを設立

現在全国35都道府県でコミュニケーションセミナー、研修事業を展開する

本書の目次は以下になります。

目次

Chapter1 雑談のはじめ方

Chapter2 話の広げ方

Chapter3 聞き方とリアクション

Chapter4 雑談の盛り上げ方

Chapter5 相手の懐に入る方法

Chapter6 好印象の残し方

chapter7 雑談が上手い人の心構え

印象的な内容厳選

挨拶ツープラス

一流の人間は、雑談+2ワードを心がけているそうです。

対面した相手に、おはよう!はじめまして!といった挨拶で終わってしまっていては、雑談につながりません。

挨拶+1ワードも雑談にはつながりにくいです。

おはよう!今日も暑いね!→そうですね。

はじめまして!お会いできて光栄です!→こちらこそ。

といった感じです。

そこで、挨拶の後に2ワード付加させます。

おはよう!今日も暑いね!夏バテ大丈夫?→最近、夏バテ気味ですね。〇〇さんはどうですか?

はじめまして!お会いできて光栄です!迷わなかったですか?→迷いそうだったのですが、Googleマップでなんとかたどり着けました。

なるべく2ワード目は質問形が良いです。

一流は常に先手を取ります。

挨拶から始まる雑談の空気は自分から作りましょう。

相違点を面白がる

三流の人はいつも壁を作ってしまいがちです。

二流の人は共通点を必死に探そうとします。

一流の人は?

相手との相違点を面白がる視点で、雑談を広げます。

人は生まれ持ったもの、育った環境、考えてきたことが人それぞれで違うため、共通点を探すのは至難の業です。

むしろ相違点だらけです。

このことを認識した上で、相手との相違点を面白がる心構えを持っているのが一流です。

たとえば、自分はセロリが嫌いで相手はセロリが好きな場合、

「私はセロリが嫌いです」と言ってしまうと、そこで会話は終わってしまいます。

「セロリのどんなところが好きなんですか?」

「どう言った食べ方をするんですか?」

「いつから好きになったんですか?」

と言った感じで、相違点に興味を持つ話し方をしましょう。

人間が最も興味があるのは自分です。

私のセロリ嫌いには興味ありません。

相手に焦点を当てて、相手の話したいことを引き出しましょう。

一流は話し上手、聞き上手ではなく、話させ上手なのです。

個人的感想とまとめ

本書には多くの雑談力向上テクニックや考え方が記されています。

弊ブログでピックアップしたことだけでも、今日から雑談の質や幅が広がることを確信しました。

会話が広がるように挨拶+2ワード相違点を面白がることで、とても楽しい雑談タイムを過ごしたいと思います。

相手の話したいことに着目しながら、質問をする。

また、本書には相手の話したいことに加えて、相手の聞きたいことにも着目するよう書かれています。

話してもらうだけではなく、自分からも相手が聞きたいことを具体的に伝えられるよう、今日から実践していきたいと思える一冊でした。

まとめ

一流は雑談の重要性を理解し、雑談力を極めている

話させ上手が一流

相手のニーズ(話したいこと、聞きたいこと)に応えよう

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

【書籍紹介】発達障害でIT社長の僕【起業】発達障害という特性を活かして起業し、数々の事業を展開している齋藤秀一さんの著書です。人と違う自分に生きづらさを感じている方にオススメの一冊です。...
【書籍紹介】成功者がしている100の習慣【おすすめ本】成功者の習慣には共通点があるのかもしれません。凡人の私たちは成功者の習慣から学ぶ必要があります。私たちも成功していい思いしましょうよ。...