格安SIM

【節約術】格安SIMのすすめ ~b-mobileを1年半使ってみて~

お金の勉強、節約の勉強を始めると、まず最初に行動できるのが格安SIMだと思います。

10年くらい?前から格安SIMなるものが登場していることは知っていましたが、

怪しい、電波悪そう、壊れそう、等の偏見があり、大手3キャリアがやっぱり安心でしょ的な思いがあり、見向きもしていませんでした。

ただ、格安SIMに乗り換えて1年半経過したと思いますが、改めて、格安SIMのメリット、デメリットをまとめてみたいと思います。

私は、b-mobileという格安SIMを使用しているので、その実体験をベースにしています。

↓要チェックやで!

メリット1 やっすい

「格安」というだけあって、とても安いです。

3大キャリアを使っていると、8000円~10000円くらいするのではないでしょうか。

(2021年3月から3大キャリアも大幅値下げになりますが)

私は毎月8000円くらいでした。

今使っているb-mobileは、一月に使用した通信量毎に料金が上がっていく仕組みで、3GB以内なら毎月2000円くらいになると思います。3~6GBなら2500円くらいです。

この差。

毎月、6000円くらい浮くことになります。

これを1年続けると、72000円浮いたことになります。

かなり大きいです。

大体のご家庭で、無線LANが飛んでいるのではないかと思います。

なので、極力wifiを使うことで、スマホ専用のデータ通信を抑えることができると思います。

6000円稼ぐには、時給1000円だと6時間も働かなくてはいけません。

しかも、働いて得た労働収入には税金がかかります。

しかし、格安SIMに替えることで得た6000円には税金かかりません。

メリットはとにかくやっすいに尽きると思います。

これから、菅政権となることで3大キャリアの料金が引き下げられることが期待されますが、それを待っているよりは、格安SIMに変えた方が手っ取り早いと思っています。

デメリット1 ない

ないと思います。

支出を抑えられるんです。

デメリットなんてありません。

通信速度気になりますか?

私、1年半使っていますが、全く気になりません。

繋がらなくてイライラすること0%です。本当に。b-mobileは。

仕事柄、全国飛び回っていますが、都会も田舎もつながっていますよ現状。

乗り換えが面倒ですか?

店頭で1時間ほどで切り替えられます。

全然手間じゃありません。

違約金がかかりますか?

1年で7万円浮くんです。

全然、元が取れます。

小金持ちへの第一歩

お金を貯めたいなら、稼ぐよりも増やすよりも支出を減らすことが重要と、どの本でも語られています。

自分の支出を把握して、無駄な出費がないか整理する。

無駄があればどんどん切り捨てる。

特に、あまり気にしていないサブスク関係には要注意です。

保険とかも要注意です。

支出の見直しの中でも手っ取り早く取り掛かることのできる、格安SIM。

本当におすすめです。

実家に帰ると家族に勧めるのですが、行動には移していないようです。

腰が重いようです。

塵も積もれば山となる

年間72000円獲得したとしましょう。

10年後は720000円です。

20年後は1440000円です。

30年後は2160000円です。

塵も積もればデケェ山となります。

配当所得として72000円ゲットするにはいくらの資産が必要か。

年利5%とすると、144万円分の株を保有していないといけません。

それくらいのパワーを3大キャリアから格安SIMへの切り替えには秘められています。

逆に、72000円を高配当株購入に注ぐと、年利5%で3600円の配当所得が得られます。

チリツモチリツモ。

コツコツ改善していけば、お金の不安は解消されていきます。

まだ3大キャリアの人は明日にでもすぐ、格安SIMに替えにいきましょう!

↓要チェックやで!